お墓の値段の設定の仕方

私が考えるお墓の値段

私が考えるお墓の値段のmainimageメイン画像のALT
お墓の値段は、墓地に広さと場所、墓石の種類と大きさ、形、それ以外の部材といった要素を見て決めます。
お墓の値段の設定の仕方

お墓の値段は、墓地の広さと場所、お墓に使う石の大きさと形、そしてお墓以外の部材にかかる費用、すべてが含まれます。

それで墓地が狭く、石も小さければ、お墓の値段は安くなりますが、墓地が広く、耐久性があり、見栄えのよい墓石を使うなら、その分、お墓の値段は高くなります。

ちなみにお墓の値段の相場は大体70万から200万が一般的な価格となっているようです。

では、お墓の値段についてもう少し詳しく見ていきましょう。

まず、墓地に広さについてですが、これはお墓を建てる前に基礎工事をします。

地盤を作り、納骨室を設置します。

それで墓地が広ければ、この基礎工事にかかる費用が増すというわけです。

また墓地の場所についてですが、既に区画整理された墓地は費用がそんなにかかりませんが、山間部にある墓地では、石材を運ぶための前準備、その運搬費用などが必要になってくるでしょう。

また海に近い場所なら塩害の影響を受けにくい墓石を使わなくてはいけませんし、もし路線沿いであるなら、振動に強い構造にしないといけません。

このように場所によって、使える石が限定されることもありますから、その分、費用がかかることを見越しておく必要もあるでしょう。

石の種類とその価格についてはまた詳しく説明しますが、国産か外国産か、また流行の有無などで価格は変動します。

そしてお墓以外の部材としては、外柵や墓誌、など墓石以外につける付属品があります。

これが多ければその分値段も高くなるというわけです。

Copyright 私が考えるお墓の値段 All Rights Reserved.