キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 洋風は和風よりお墓の値段が安い : 私が考えるお墓の値段

洋風は和風よりお墓の値段が安い

私が考えるお墓の値段

私が考えるお墓の値段のmainimageメイン画像のALT
和風、洋風、ニューデザインがありますが、洋風は和風よりお墓の値段が安いようです。
洋風は和風よりお墓の値段が安い

墓石のデザインは大きくわけると3つのタイプで、和風、洋風、ニューデザインに分けられます。

和風とは、日本でよく見られるデザインで、縦長の墓石「棹石」に家名や戒名、そして題目を刻むもの、そして「上台石」「中台石」「芝石(芝台)」と呼ばれる石が積まれます。

参考サイト…http://jodo.or.jp/knowledge/soshiki/index_6a.html

これらの石には意味があり、家庭円満を指す天と、出世や人望を表す人、それから財産維持を表す地があります。

続いて洋風の墓石ですが、首都圏や東日本を中心によく見かけるようになりました。

和風の墓石とは外見がガラッと違い、背の低い、こじんまりしたものとなっています。

洋風の墓石は、和風とは違って外柵工事、土盛りが要らないのでお墓の値段は安くなります。

具体的な形としましては、オルガン型、ストレート型、プレート型があります。

自分の好きなスタイルの文字を選び、彫刻もできますから、宗教を問わず、特に若い人たちから人気がある石となっています。

最後にニューデザインですが、これは洋風の墓石よりさらにデザインは個性的なものです。

例えば、将棋が好きだった方のために将棋盤の形をした墓石にしたり、お酒が好きだった方のために徳利の形の墓石にしたり、楽器が好きだった方のためにその楽器を形どったものにしたりと、デザインの発想には限りがありません。

もちろん凝った形にすれば、お墓の値段はその分UPしますが、今はCADや3Dシュミレーターを使い希望の形の墓石を設計し、作ることができます。

Copyright 私が考えるお墓の値段 All Rights Reserved.