キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 宗教の違いでお墓の値段に違いが出ることはない : 私が考えるお墓の値段

宗教の違いでお墓の値段に違いが出ることはない

私が考えるお墓の値段

私が考えるお墓の値段のmainimageメイン画像のALT
宗教の違いでお墓の値段に違いが出てくることはありませんが、墓石に刻む文字には違いがあるようです。
宗教の違いでお墓の値段に違いが出ることはない

日本では仏教が主な宗教で、仏教の中でも、天台宗、真言宗、浄土宗、浄土真宗,禅宗、日蓮宗などの宗派があります。

この宗派ごとで、お墓にも何か違う決まりがあるのでしょうか。

墓石の形や色には特定の決まりがなく、自由ですので、お墓の値段にも宗派による違いはないでしょう。

しかし、違いがあるのは、亡くなったときに付けられる戒名と法号です。

戒名と呼んでいるのは、天台宗、真言宗、浄土宗で、法号と呼んでいるのは、浄土真宗と日蓮宗です。

また墓石に字を刻む時、刻み方にも違いがあります。

例えば、天台宗や真言宗は、梵字という字を使って「あ」を刻みます。

この「あ」は大日如来を示すので好んで使われるようです。

また浄土宗では、戒名の前に「誉」という字を刻んだり、「南無阿弥陀仏」を刻んだりします。

浄土真宗では、男性なら法号の前に「釈」と刻み、女性なら「釈尼」と刻みます。

また字だけではなく、禅宗は墓石上部を円形にしたり、円を描いたりします。

そして「南無釈迦牟尼仏」という言葉を刻んだりします。

日蓮宗は、墓石に「南無妙法蓮華経」と刻んだりするようです。

刻む言葉がたくさんあると、お墓の値段にも少し影響が出てくるかもしれません。

以上が墓石と宗派に関することでしたが、霊園によっては、宗教、宗派不問の所もあれば、キリスト教は入れないところなどがあります。

それで墓石を考える際には、霊園墓地の形態についても一緒に考えるようにしましょう。

Copyright 私が考えるお墓の値段 All Rights Reserved.